nicca branding代表   

福田 佳江

 

【事業内容】

・ アラフィフ女性起業家のプロフィール作成

・ ブランド作り

・ プロデュース

・ スタートアップ期のコンサルティング

に加えて、先生業をなさっている方の、セミナーのお手伝いを始めました!

 

【新規事業】

・ セミナー講師の方のレジュメ作りのお手伝い

・ 講座テキスト作りのお手伝い

ほか、ご要望に沿ってお手伝いさせていただきます。


講師の方とお話合いしながら、オーディエンス(聴衆)に合わせた、伝わるセミナーのレジュメを完成させます。

ふだんお教室でお話されている方も、集客のためのセミナーになると緊張されて、いつものようにお話できなくなってしまう。そういう方のお手伝いです。

もちろん、セミナー講師としてプロになって行かれる方のお役にも立ちます。

 

 

【アラフィフ女性の起業を応援する理由】

なぜアラフィフ女性の起業を応援しているかといいますと、私自身が「サラリーマンの妻」で、夫の定年退職によって生活が激変する立場にある者だからです。

 

【老後、どのように生きるか? 働くか?】

働いていた間は地位や居場所があったのに、退職したら、地位も居場所も無くなってしまう。

そんなヒマな生活、生き甲斐がないですよね。

特にアラフィフの女性は、子供の巣立ちと夫の定年退職という状況の変化の中で、若い頃に諦めた夢に再度挑戦したくなるのではないでしょうか?

小説を書き始めたり、

登山を始めたり、

起業したり・・・。

元気な間に、したかったことをしたい!

 

【nicca brandingが目指すゴール】

私が、事業の結果として目指しているゴールは、「女性が事業を始めることによって、商店街の閉まったシャッターが開き、地域に活気が戻ること」です。

 

【女子力起業とは?】

「女子力起業」という言葉も聞き慣れないですよね。

私が作りました。

 

「女子力」というのは、

・共感力(ひとの気持ちを思いやれる能力)

・コミュニケーション能力(人と意思疎通できる能力)

・弱い立場の人や動物、困っている人などを助けようとする気持ち、ふるまい(helping behavior)を含む能力のことです。

 

女子力を活かす事業を始めることを「女子力起業」と呼んでいます。

素敵でしょ?

女性が始める事業を「プチ起業」と言ったりしますが、仕事の規模が小さくても、起業は起業です。

最初は、文化祭の模擬店のようなパン屋さんや洋服屋さんだったとしても、その働きによって地域に喜びの灯がともります。温かいつながりができます。

女性が女性を助ける事業によって、子育てに悩む新米ママが助かったり、子供を安心して預けられる場所ができたりすると素晴らしいなと思います。

ママの職場が学校から近ければ、子供は自然にママの働く姿を見ることができるし、そこからまた次代のベンチャー企業が生まれるかもしれません。

主婦が自分の好きなことを仕事にしてイキイキと働いていれば、定年退職した夫もまた、次の仕事に向かう意欲が湧くでしょう。

夫が主夫になって、家事担当になるなら、それもまた良しですよね。

 

【niccaのブランディングは、メンタルブランディングから始めます】

日本国中、女性のいる場所が、女子力で温かく明るくなることを目指して、私は女性起業家のブランド作りを積極的にプロデュース、コンサルティングしていきます。

しかし、企業の従業員としてしか働いた経験のない人で、起業家マインドを持っている人は少ないのが実情です。

いくら勉強し、資格を取り、商品を作ったとしても、それだけでは堂々と社会に出て、企業と渡り合うことは難しいでしょう。

それで、nicca brandingでは、メンタルからブランディングしていきます。

自分自身を知り、そこから唯一無二のブランドを作って行くので、世間で何匹鬼にでくわしても、ビクつくことがありません。

メンタルを作ってから、商品を作り、事業化して参ります。

失敗しない、無借金経営を目指します。

もし、一人で起業することに不安感を感じていらっしゃるなら、ご相談ください。