一瞬一生。「いつか」ではなく今を生きる。

 

ライフコーチングをしていると、どうしても「将来に○○であるために、今取るべき行動は?」という、逆算的な考え方をしてしまうんですけど。

そんな将来があるかどうかも、確定じゃないじゃないですか?

半年後とか一年後とか、十年後とかに向けての計画は立てるけれども、そのとき自分も社会もどうなってるかわからないというのが、真実でしょ?

人工知能の発達がめざましくて、十年後には人類がしている仕事のほとんどを人工知能がしているとも言われているし、そのうえ、人の数が減っていくとなるとね・・・。

「私たちはどうやって仕事を作って、食べて行けばいいかわからなくなるな」と思ったんですよ。

 

私たち自身が機械になって、もう食べなくてもいいようになるならイイんですけどね。

 

  • 私達は基本、人間同士の間でお役に立ち合って、それで対価を頂いて、そのお金で何かを買って食べたり、経済をまわしている
  • もう遠い先のことは考えない

 

という、この二つの条件で生き方とか仕事のことを考えた時にね、

今の地位とかにもこだわらず、次から次へと流れるようにやってくる「時」に乗って生きていくのがいいんだなって思ったんですよ。

 

今、自分が「楽しい」と思えることを大切にする。

犬の頭をなでるのでも良いし、燃えるような夕陽を見るのでもいいし、庭に出て冷えたビールを飲むのでもいい。

そして、自分の近くにいる人。実際に500m圏内にいる人でもいいし、ネット上で心理的に親しい人でもいいから、彼らのニーズを満たすことで対価を得ることを考え、行動する。

心底美味しいと思えるものを食べて、飲んで、笑って。そして少し人の役に立って。健康で、家族と仲が良ければ・・・

私はそういう生き方をしていくことを選ぶことにしました。

 

この瞬間に、楽しい感情を選んで乗せる。

今、人の役に立つことを一つする!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマン妻の起業を応援するブランディングコンサルタントです。 「忘れっぽくても目標を見失わない!」 「小さな夢を積み立てて願いをかなえる」ニッカブランディングダイアリーという、手帳リフィルの製作販売もしています。