東京女子力散歩。丸の内で紅茶を買うの巻

10月3日。東京女子力散歩始めました!

 

最初の訪問地は丸の内

 

女子力散歩とは関係なさげな「東京丸の内」ですが、ラグビーワールドカップ2019も盛り上がっている昨今、ちょいとばっかり時代の気分に乗っかろうと思って、ラグビーパークに行って来ました。

 

※ へんなポーズになっているのは、風が強くて髪が顔にかかるのをふせぐためです(笑)

 

背景になっているのは、様々な国旗で彩られたオブジェ。

RUGBY WORLD CUP 

2019,JAPAN

の文字列なんですけど、わかりにくいですね!

現場でみたら、とても素敵なんですよ。

 

 

 この写真には奇跡的にヒトが入っていませんが、普通にビジネスマンが行き交っており、外国人を含め、たくさんのヒトがこのオブジェの前で撮影していました。

 私が自撮りしていましたら、「撮りましょうか?」と優しく声をかけてきてくださるご婦人もありました。丁寧にお断りしましたけれども、日本人の優しさが外国の方々に感じられる場所になっているかもしれないと思いました。

 

 私の本当のお目当ては、「丸の内15丁目PROJECT」に協賛して開催されている「GREAT British Food Market」。

 

 

 

 スーパーマーケットなどではみかけない、珍しいお紅茶でもあればなあという気持ちで行って来ました。

 

 

 それで、買ってきたのがこちら。

 一番右が、オーガニックリーフティのアールグレイ。

「有機オレンジの皮が入っているということで、ミルクは入れずにストレートで楽しんでください」とのことでした。

 中央が、同じくオーガニックリーフティーのイングリッシュ・ブレックファースト。

 紙箱に入ったティーバックタイプもあったのですが、缶が可愛かったので、こちらを求めました。

 一番左は「バッキンガム宮殿アフタヌーンティー」缶入りですが、中身はティーバックです。

 日本の紅茶好きは、英国人なら当然にリーフティーで厳かに紅茶を入れていると思いがちですが、彼らは簡便なティーバッグを使うようです。

 私としては、茶葉に熱湯を注いだときのポッピング(葉っぱが上下に激しく動くこと)が、紅茶を美味しくすると思っていますので、ティーバックはどうかな?と思いますけれどもね。だって、小さい袋の中では茶葉が動けませんからね?

 

「東京女子力散歩」とは

 

 女子力を生かしたお店に取材に行ってご紹介するというのが趣旨の企画です。

 単なる「女子力散歩」ではなく「東京」とついているのは、リズムのためですので、番外編として「横浜」でも「神戸」でも「岡山」でも、どちらにでも散歩に参りますよー。

 実はこの企画、8月末に思いつきまして、9月には始めるつもりだったのです。 

 でも、カッコ良く写真を撮って、インタビューもして・・・と思っていたら、行く場所が決まらなくてですね・・・。

 しかたなく、どこでもいいから、自分が行きたいところへ行って、写真を撮ってこよう!ということになったのです。

 実は、私はいわゆる出不精なんです。家にいるのが大好き!

 だけどある日、テレビや雑誌で見ただけで「知ったつもり」になっているのは、生きていることにならないんじゃないかな?と思いました。

 実際にその場に行って、その場の空気を吸うことが、単に写真や雑誌で見知る以上の影響を自分に与えてくれるのじゃないかな?と思ったのです。

 だから、とにかく外出することを自分に課しました。

 行きたいところに行ってみる。

 

あなたのところにも行くかもしれません!

 

 今回、あまり縁のない「新丸の内ビル」に行ってみて、カッコイイ空間にわくわくしました。

 

 

 これから、あなたのお店に出かけるかもしれません!

 そのときには、撮影とインタビューの許可をお願いします!

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマン妻の起業を応援するブランディングコンサルタントです。 「忘れっぽくても目標を見失わない!」 「小さな夢を積み立てて願いをかなえる」ニッカブランディングダイアリーという、手帳リフィルの製作販売もしています。