『麒麟が来る』一時収録休止や『半沢直樹』放送延期。新型コロナウイルスの侵食が目に見え始めた4月1日

 

TBS、「半沢直樹」などドラマ3本放送延期 新型コロナで撮影遅れ 「オールスター感謝祭」も

TBSは1日、今月放送予定だったバラエティー番組「オールスター感謝祭2020春」と、「半沢直樹」(日曜午後9時)や「私の家政夫ナギサさん」(火曜午後10時)、「MIU404」(金曜午後10時)の3本の連続ドラマの放送延期を発表した。

 「オールスター感謝祭」は、例年とは企画内容を変更し「最大限の配慮」の上で放送するとしていたが、東京都が新型コロナウイルスの「感染爆発の重大局面」との認識を示していることなどを勘案し、延期を決めたという。各番組の出演者などをスタジオに集め、クイズやゲームなどを楽しむ名物番組で、今年は4日午後8時から約4時間、生放送する予定だった。

 ドラマは、感染拡大で撮影が遅れており、放送開始日を遅らせることを決めたと説明した。「放送を楽しみにされている視聴者の皆様には、大変申し訳なく思っております。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます」と謝罪のコメントを発表した。【佐々本浩材】



 

NHK 朝ドラ「エール」と大河「麒麟がくる」収録一時休止を発表 放送に影響ない見込み

4/1(水) 11:13配信

NHKは1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同局の連続テレビ小説エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)と、大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の収録を、当面見合わせると発表した。収録の見合わせは当面、今月12日までで、以降は状況を見ながら判断していくという。同局によると、現時点で両ドラマ番組の関係者に感染者は出ておらず、現時点で放送に影響はない見込み。


 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、同局は今回の決定について「出演者の方々や番組スタッフの安全に配慮するとともに、感染の予防を努めていくため」と説明。「これまでも感染予防対策を徹底してきましたが、大河ドラマと連続テレビ小説は、出演者とスタッフの数が多く、演出上、安全対策にも一定の限界があると判断しました」としている。

 また、「両ドラマ番組の関係者に、感染の疑いのある人は出ていません」と報告。今回の処置は同局の自主的な判断だとした上で収録の見合わせは「4月12日までとし、以降は状況を見ながら総合的に判断してまいります」と伝えた。

スポニチアネックス



 

 連日、新型コロナウイルスの感染者数と死亡者数が報道されています。

 3月31日夜時点で米国内の感染者数は18万6265人、死者数は3810人。

 イタリアでは、感染者数10万5792人 死者1万2428人

 フランスでは、感染者約5万2000人。死者3500人。

 たくさんの棺、人影のないエッフェル塔やサンマルコ広場、車の通っていない高速道路の写真が、この世の終わりのような緊迫感を伝えています。

 

 

 しかし、日本は比較的のんびりとしているんですね。

 外出も「禁止」ではなく、「不要不急の外出の自粛のお願い」であり、リモートワークが勧められていますが、多くの人が電車を使って通勤しています。

 感染者は症状が出ない状態でもウイルスを出すのですが、そのあたりがあまり周知されていないのか、春休みの若者が街でふらふらしていたり、わざわざ感染者のいない鳥取県に旅行したりして、じわじわと感染者が増えている状態です。

 3月29日に、志村けんさんが新型コロナ肺炎で急死されて、ようやく遠い他人事ではない、身近な危険だと感じたようですが。


 今回の上の記事は、コロナウイルスの感染が番組の撮影に影響し、放送スケジュールが延期になったことを伝えています。

 新年度4月からの連続ドラマの放送延期なんて、視聴率命のテレビ関係者は絶対したくないことだと思うんです。 通常ありえないことですよね。

 それが起きる。

 悲しい話ですが、こういう現象が起きて影響が目に見えないと、新型コロナウイルスの恐さを実感しない人が多いように思います。

 「東京オリンピックが延期になったじゃないか?」

 そうです。でも東京オリンピックの延期よりも、連ドラの放送延期のほうが、私にはインパクトがありました。

 オリンピックが東京であるといっても、チケットを持っているわけではないですし、あまり現実感がなかったのです。それに比べると、毎週放送されるドラマが放送されないと、緊迫感を感じます。

 

 緊迫感を感じさせることといえば、「緊急事態宣言」に関する議論です。

 出すべきという人と、まだ出すべきでないという人が国会や、情報番組で議論しています。

 私の意見ですが、感染を拡大させないために人の移動を制限したいだけなら、「緊急事態宣言」を出す必要はないかなと思います。

 出したところで、フランスのような都市封鎖ができるわけではありませんから。

 日本人は、要請されただけでかなり自粛しますしね。。

 「緊急事態宣言」を出してしまうと、社会の活動も止まってしまいます。

 ということは、社会の様々なところで当たり前に行われていたことが、突然に行われなくなるので、国民がパニックを起こすのではないかと心配なんです。

 当たり前が、徐々に当たり前でなくなっていくのと、急に政府の宣言で「緊急事態」になってしまうのとは、全く違います。

 今、のんびりした状態のところへ、良く理解されていない「緊急事態宣言」が出ると、日本人が冷静さを失ってしまうかもしれません。

 官製の緊急事態ではなく、本当の緊急事態になってしまうのではないかと心配です。

 災害のときには、民衆が落ち着いていることが大切なのです。

 正しい知識を得て、正しく感染を防ぎ、できるだけ、落ち着いて行動しましょう。

 

天使からのメッセージ

あなた方は大丈夫です。

大天使たちが、あなた方を守っています。

不安があるときは、天使にゆだねてください。

経済状態の問題についても、天使は役に立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 2020年4月3日。地球規模の災厄の中で私たちが考えること、取るべき行…

  2. 「全世帯へマスク2枚配布」の真相・深層(日本)

  3. 2020年4月1日天使からのメッセージ

  4. 新型コロナにより収入が落ち込んだ世帯への現金給付、1世帯30万円という…

  5. 2020年4月2日天使からのメッセージ。私達が今取るべき行動とは?

  6. 人工呼吸器の痛みと苦しさは「死ぬのと、死ぬほど痛いのと、どちらを選びま…