立ち止まりたいか?しかし停止はできない。過去を懐かしむ暇はなく、あなたは声を上げて、人々に語らなければならない。

2018年1月28日。旧暦12月12日。

 

あなたは橋です。

今という時から未来に架かる橋なのです。

 

あなたは昔を懐かしむかもしれません。

戻りたいと思うかもしれません。

でも、それはできないことなのです。

 

あなたは今、あらゆる障害を取り除くエネルギーに満たされています。

過去の安定に戻ろうとするのではなく、未来に向かって橋をかけ、進んで行かなくてはなりません。

 

そのために、充分に狡猾になる必要があります。

美しく、なおかつ毒のある存在になることです。

過去を懐かしむ弱々しい人であることは、許されないのです。

あなたは強くなり、世界に向けて「あなた」を発信しなくてはならないのです。

 

そうなってこそ、未来は変化をしていきます。

 

昔を思い出していたいですか?

あなたがそう望んでいても地球は公転し、時間は流れ、あなたは未来に押し出されます。

覚悟を決めるしかありません。

それが逆位置の「吊るし」のカードからのメッセージです。

 

 

 

1 個のコメント

  • 「美しくなおかつ毒のある存在」それは、清濁併せ呑む人のことのような気がします。女性はつい、清く正しい人を理想にしがちですけれど、社会に船出するには、多少の毒を持っていなければいけないような、そんなメッセージも今日は受け取りました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です