「ちょっと奥入瀬渓流まで♪」なんてね。北秋田市に住んでいる喜び♡星野リゾート奥入瀬渓流ホテルと、小坂七滝に行って来ました

2016年7月18日。午前中、飼い犬はっぴー(15歳)を連れて、秋田県大館市の動物病院へ。

背中にできたイボの除去の経過観察です。

正午少し前に診療が終わって、一路、奥入瀬へ向かいました。

 

大館市~青森県十和田市奥入瀬へ

 

国道7号線から、樹海ライン(県道2号線)に入り、発荷峠展望台を経由して、国道103号線で左手に十和田湖を望み「子の口(ねのくち)」から国道102号線へ。

奥入瀬渓流の中を通り抜けて「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に到着しました。

 

到着時刻が午後1時20分過ぎでしたので、ちょうど1時間半くらいのドライブです。

 

IMG_3465

 

ランチを食べたかったのですが、最近予約制になったとのことで、ラウンジでお茶をすることにしました。

しかし、それも午後2時までとのこと。(結局2時10分くらいまでいましたが、あとから入って来たお客さんたちはまだ残っていました。さすがに客商売なので、2時きっかりに追い出すことはないみたい 🙂 )

 

IMG_3450

 

 

 

IMG_3451 IMG_3453 IMG_3455 IMG_3459

 

写真を見ていただくとわかるように、ガラス越しに庭の緑がとてもきれいです。

しかもベンチチェアが庭に向かっています!

どちらかが庭に背を向けて座らなくてはならない(涙)ということがないようにという、配慮ですね。

 

釣り鐘のように見えているのは、岡本太郎氏製作の暖炉です。

私は湧水珈琲とチーズケーキを頂きましたが、コーヒーはアメリカンかなと思う薄さで、ミルク無しで美味しく頂けました。

チーズケーキの形は、暖炉を模してあります。(さっぱりとした後口で、すごく美味しかったです)

夫の食した幸福のりんごのミルフィーユ1300円。私が食した森の神話1300円。湧水珈琲@870円でした。

IMG_3460

 

 

日本の滝百選に選ばれた名瀑「七滝」へ

 

IMG_3468   IMG_3471

 

日本の滝百選に選ばれた名瀑「七滝」のある道の駅

道の駅こさか七滝は、秋田県の東北部、大館市と十和田八幡平国立公園(十和田・八甲田地域)を結ぶ樹海ライン沿いにあり、十和田湖への中継地点となっています。
近くには、日本の滝百選のひとつに数えられ、落差60m、七段にわたって流れ落ちる「七滝」があり、 「滝の茶屋 孫左衛門」では、「七滝」を眺めながらお食事が楽しめます。また、小坂町内産の新鮮な農産物の産直センター、地元のブランド豚「桃豚」のハム・ソーセージを扱う「まんまランド」なども備えています。
滝を中心とする緑地広場は絶好の景勝スポットで、道の駅こさか七滝から徒歩2分。江戸時代の紀行家・菅江真澄は、十和田湖へ向かう旅の途中に「七滝」に立ち寄り、「十曲湖(とわだのうみ)」という著書の中に二首の短歌とスケッチを残しています。(旅東北サイトより)

 

こさか七滝動画

 

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  • 新緑の奥入瀬もいいですね!
    都内在住の友人が紅葉の時期にここを予約しようとしたら、
    すでに満室で予約できなかったようです。
    ラウンジからみる紅葉を堪能してもらいたかったんですけどね~

    はっぴーちゃんは大丈夫ですか?

    • ありがとございます。塗り薬で様子を見ています。傷跡だけなので、いずれは治るでしょう。

      紅葉の時期はもう、言わずもがなですね。
      よっぽどラッキーな人しか取れないんじゃないかしら?

      ランチも、宿泊客優先だということで、紅葉の時期には難しいかもしれません。

      良いところを教えて頂いたので、ほんと楽しませて頂きました。
      ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です