「今年こそは手帳を使いこなすぞ!」と意欲に燃えている方へ♡ 予定ページがまっ白のすっかすかーにならないための記事

2016年も明けて11日。

今年の手帳、「今年こそは、使いこなす!」と決意されたのが、もうすでに怪しくなり始めていらっしゃるのではないでしょうか?

それで、予定のページがまっしろしろ、すっかすかーにならないようにするための記事を書きました。

 

手帳を使う目的は何?

 

まずはじめに、「予定のページがまっしろしろ、すっかすかーにならないようにするため」と挑発的な言葉を書いたことをお詫びしないといけません。すみません。

というのも、手帳を使いこなすということが「真っ黒に見えるほど、ぎっしりと書き込むこと」ではないからです。

結果として「真っ黒に見えるほど書き込む」ことはあるかもしれませんが、それはあくまで結果で、目的ではありません。

 

大事なことなので確認しますが、手帳を使いこなすとはどいう意味でしょう?

 

2016 1 2 6

 

手帳を使う目的として、一般的には「管理」が考えられます。

今進行中の人生・仕事・労働・作業・恋愛・人間関係の管理をするものですね。

月間、週間、そしてデイリーのなかのTODOリスト、それらすべてが日付や時間によって、あなたを管理します。

ですから、ページが黒く見えるほど書き込むということは、それだけ、するべき作業があり、納期があり、人と会う約束があり、仕事も、恋愛もうまく行っている証拠になるということです。

1月~12月までギッシリつまった予定をすべてクリアしたら、どれほどの達成感があることか・・・

 

d0fcc06a3d97eb71be7174c541ab4868_m

 

「ガッツポーズをして、今年の年末を迎えたい」と言う気持ちもわかります。

 

しかし、忙しくなりたいわけではないはずですね。

  • 担当しているプロジェクトが成功したり
  • 楽しいデートを重ねて恋人とラブラブになったり、
  • 念願だった「ヨーロッパ美術館めぐり」の旅に行く

    ことが目的のはず。

 

実際、手帳が真っ白で、すっかすかでも、目標が達成できれば良いのです。

 

手帳を使いこなすということは・・・

 

手帳を使いこなすということは・・・

手帳を使うことによって叶えたい望みを叶えるということです。

会議に遅れることなく参加し、準備していたプレゼンがうまく行き、製品の製作作業が滞りなく完了し、納期に間に合い、プロジェクトが成功するという望み。

約束通りにデートでき、サプライズディナーを相手が喜んでくれて、ラブラブな恋人になれるという望み。

それらの望みを叶えて、昇進や昇給、特別ボーナス。恋人との結婚。マイホームの購入、子供の誕生など、素晴らしい人生を展開していくことが本当の意味で「手帳を使いこなす」ということなのです。

 

手帳を使いこなす方法

 

手帳に単に予定だけを書くのではなく、どんな成果を得て、どのように感じたいかも書きます。

たとえば・・・

「プロジェクトを成功させることで  有能な社員だと認められたい

「好きな人と恋人になることで  愛される喜びを得たい

 

これらの望みを叶えるための

「遅刻しないための予定表」であり、「きちんと段取りするTODOリスト」なのです。

 

手帳を使いこなすため、のまとめ

 

大事なことは、「なぜ、その予定を書き込んでいるか?」

得たい成果と、得たい感情にフォーカスし続けることです。

アウェイク・プランナーでは、デイリーページに「実現したい夢」と「夢実現に向けて、今日の決意」を記入する欄を設けています。

そうすることで、毎日、自分の目標を忘れることがありません。