【名言】明日何をするかではなく今日何をするかが重要だ ピーター・ドラッカー

「重要なことは明日何をするかではなく、今日何をしたかである」(ピーター・ドラッカー)

ママ・  ミーサ

ピーター・ドラッカー(1909年11月19日ー2005年11月11日)

オーストリア=ハンガリー帝国(当時)の首都ウィーン生まれ。ユダヤ系オーストリア人。

「現代経営学」「マネジメント」の発明者。

大学教授の父のもと、知的で裕福な家に生まれるが、第一次世界大戦の折、子供ながらに苦難を受ける。

ナチスの台頭を見てイギリスへ。その後28歳のときアメリカ合衆国に移住する。

ゼネラルモータズを題材ににした『企業とは何か』を執筆。組織運営のノウハウすなわちマネジメントの重要性をはじめて世に知らしめた。

「民営化」や「知識労働者」などの言葉も彼の造語と言われる。

ドラッカーのマネジメント論の中、重要な経営コンセプトの一つに「目標管理」がある。

目標管理とは、組織の目標に基づいて自らの目標を設定し、その目標達成に責任を持つことを指す。

 

 

 

重要なことは明日何をするかではなく、今日何をしたかである

 

意味としては、「今日したことが明日の自分を作る」ということですね。

そしてそれが、「明日何をするかよりも重要だ」ということは、明日なんてあるかないかわからないものよりも、確実に存在する今日のほうが重要だという意味でしょう。

全く、私も同意見です。

 

a5cc10f686b88b9401975253a8bc9536_m

 

 

にもかかわらず、「今日何をするかが重要だ」と現在形に変えたのは、現在形の言葉には、非常に大きなパワーがあるからです。

現在形の言葉は、命そのものです。

今、在る。

今、する。

「私は好きだ」というよりも、「私は愛する」というほうが力強く感じるでしょう?

それで一部名言を変更しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です