商品に人生経験をつぎ込め♡自分自身の経験をシェアするだけで、独自の強みを持つことができます!

ども。伊勢久楽ミサです。

お支払いの選択肢が銀行振込みだけでは、お客様にご不自由かもしれないと思い、ペイパルを導入中です。

ペイパルって、実際に事務所に出向いて手続きするわけではないので、本人確認とか、クレジットカードの確認とか、日数がかかるんですね。

数日中には完了すると思いますので、「天上界からのメッセージ」をお申込みの方は、ご利用ください。

 

自分の商品を作るとは、自分の人生全部をつぎ込んでする作業

 

これから書くことは、主にコンサルタントやコーチング、カウンセラー、アドバイザー、先生など、何かを伝えたり教えたりする人向けです。

 

つぎのような「~とき」はありませんか?

「私には伝えるものがない」と思って、仕事が前に進まないとき。

「自分が何を伝えようとしていたかがわからなくなって」迷うとき。

「自分が伝えたいことと、お客様のニーズが合わなくて、お客様のニーズに引っ張られて自分の立ち位置を見失う」とき。

「自分が伝えたいことが無価値に思えたり、自信がなくなる」とき

「ほかにもっと上手にデキる人がいる」と思ったとき・・・

 

自分自身に立ち戻る

 

私は、自分自身に立ち戻るようにしています。

だれもいないところでね、立って目を閉じて、自分を棚卸しします。

まず、自分の年齢(54年間)の重みを感じます。

私は「苦労が身につかないタイプ」だし、実際苦労していないから、それほど重たいかんじはしないんですけれど 🙂

 

それから、自分のこれまでしてきたことを思い出して、当時の私とハイタッチするような気分で見渡します。

そうして、過去の歴史を肯定的に思い出したら・・・
次は、いまの自分をしっかり見ます。

自分の体で気に入っているところ、気になるところ。

メンタルや経歴で、ダメだなと思うところ、自信のないところ。

そんなもの全部を一つ一つ目の前に置くかんじで見ていきます。

 

私という袋の中には

  • できること
  • できたこと
  • できないこと
  • できなかったこと・・・・が詰まっています。

 

この4つの要素のうち、どれかがゼロということはありません。

どれも必ず一つ以上はあります。

それらを、じっくりと感じます。

 

自分ができることについては、それができるようになるためにした努力。

できないことについては、努力を避けるためにしてきた言い訳。

すべてを、棚にある本を眺めるように、全部ずらっとならべて見ます。

 

なんの努力もせずにできること。

うまれつき持っているものも全部、確認します。

 

あまり自信のない部分、他人に見せたくない聞かせたくないものも、そこにあることを確認しするようにします。

 

自己否定はしない

できないこと、だめなこと、自信がないことのほうが多いように見えても自己否定はしません。

できないこと、だめなこと、自信がないことに注目してしまうと・・・

「こんな自分が誰かに何かを教えるなんて無理、できないし、だれも私に教えて欲しいとは思わないだろう」と思っちゃいますよね。

 

劣等感を裏返す

でも、

  • 誰かに何かを伝えること
  • 誰かを精神的に支えること
  • 誰かの役に立つこと

を仕事にしていきたいなら、その「ダメ」と思っているものも全部使って「仕事」にできるんですよ。

 

 

太っていてもダイエット指導はできる

 

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_m

 

太っている人は、ダイエット指導なんてできないと思いますか?

お客様が痩せることができるなら、指導者が太っていても一向に構わないんです。

痩せたいと思ってありとあらゆるダイエット法を学んだなら、その知識を使って誰かを痩せさせてあげられるなら、ダイエット指導はできます。

指導者自身がダイエットに失敗したことがあるなら、同じように失敗した人の気持ちがわかるし、失敗を乗り越えて「痩せたい!」という気持ちもわかります。

このこと⇒お客様の悩みに共感できるというのは、大きなセールスポイントになります!

生徒の気持がわかることが、先生に一番必要なことだって聞いたことないですか?

それができるなら、失敗の経験から「仕事」を作れます。

 

未来のある時点まで、待つ必要はない

未来のある時点になるまで、人に教えられないと思う必要はありません。

どの瞬間のあなたにも、人に伝えられることはあります!
今はまだ、「まだまだ期」だとしても卑下しないでいいんです。

 

卑下はダメ!絶対。

というよりも、卑下は絶対してはダメです。

卑下は心に棲みついて、いつまでも「まだまだ期」を伸ばしてしまいます!

 

自分にしか伝えられない「経験」をシェアすることでユニークになれる!

 

この世の知識に新しいものはありません。
自分しか知らないことも、ありません。
誰かが教えていることと別の内容を伝えることもできません。

でも、それでもコンサルタントや、コーチやカウンセラーや教師という仕事があるのは、体験を通した知恵や知識を、それぞれの言葉で伝えるからです。

コンサルタントやコーチやカウンセラーや教師になりたいなら、
それ以外のことででも誰かに何かを伝える仕事がしたいのなら、
まず、自分自身を深く掘り下げて、本当の自分を知るようにしましょう。

 

 

真似から始める

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

 

同じような仕事で憧れの人がいるなら、真似ましょう。

一度真似てみて初めて、どれくらい違うかがわかります。

違う部分を強調したら、自分らしさが表現できるようになります。

 

自分の失敗は、だぶん他の誰もがしている失敗だし、自分が隠したい部分は、きっとほかの人も隠し持っている部分です。

それを克服したなら、その克服法を伝えることができる。教えることができるんです。

 

地に足をつける

地に足をつけて、誰になんと言われてもぐらつかないようになりましょう。

地に足をつけるとは、自分の良い点も悪い点も、自信のある点もない点も全部、しっかり知っておくということです。

そうすれば、誰にどこを突かれてもふらつくことはありません。

知らないことは、これから知っていくべきことであり、毎日コツコツ日コツで励んでいけば、日を重ねるごとに、いえ15分毎に、成長していけます!

成長は、誰にも盗られることのない財産です。

経験の量だけ教えられることも増え、ユニークなコンサルタント、コーチ、カウンセラー、先生になれるでしょう!

 

USP:自分だけのセールスポイント・独自の強みを持つには まとめ

 

「あなたから買いたい」と言われる、あなた独自の強みを持つためにすることは、商品に自分の人生経験を加えることですね。
では、そのためには・・・

  • 自分の人生経験を棚卸しする
  • 良いことも、悪いことも、恥ずかしいことも、つまらないことも、全部しっかり自覚する
  • 恥ずかしい・つまらない経験からのうほうが「仕事」は作れる
  • お客様の悩みに共感できることが、大きなセールスポイントになる
  • 自分だけの「経験」をシェアすることでユニークになれる
  • 同業の憧れの人を真似することで、逆に違いをみつける
  • 毎日コツコツ、独自の経験を積み重ねる

 

ミサ

安心してください! 「自分らしく」なんて力まなくても、普通にしていれば自分らしさは育ちます。

完全コピーするよりも、ずっと簡単です。

 

 

 

 

   

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。