自分のことをタロットで占ってみた結果。裸にされたみたいでぞっとしてしまった件。

2017年2月13日。今更ながら「占い師になって幸せになれるかどうか?」について占ってみました。

 


【過去】「太陽」の正位置

 太陽の光は「無条件の愛」を表す。
物欲の支配から逃れて、霊的な世界に進んでいる。しかし、まだ半分物欲のシッポが残っている。
”能動的に動こうとする自分と消極的で後ろ向きな自分”、”霊的な自分とまだ世俗的な自分”の、二つの自我が「私」の中で綱引きをしている状態。

このカードは、私の中の霊的な部分と世俗的な部分が一致することで、新しい世界が構築されることを示している。
新しい世界とはすなわち、

無条件の愛に満たされて、知・感情・物質の面でアイデアが実現する世界。

熱意と見識のある取り組み方を基盤とするならば、成功するであろうということ。


【現在】「節制」の逆位置。問題解決カードとして「力」の正位置

 人の役に立ちたいという思いと、金銭欲・名誉欲など世俗的思いのバランスがとれていない状態。

物欲と霊性を交差させ一致させることで、過去の「太陽のカード」が表す、新しい世界を完成させることができるだろうということ。

 

【未来】「神の家」の逆位置。問題解決カードとして「斎王」の正位置

自己嫌悪・自己評価の低さ、孤独感、偽りの自己と同一化しようとしてきたことが現れている。
神が宿ることのない器(=自分本位)だった私は、「生ける言葉の書」つまり「人間」を学ぶことにより開眼し、頭上の天が開かれ、神を宿し、女司祭・セラピスト・女性の指導者として成功するだろうということ。

 

 

自分としては、良い結果だと思いますが、霊性と物欲の相克や、積極的な自分と消極的な自分の相克や、内心ずっと感じてきた自己嫌悪、自己評価の低さ。自分でない何者か(理想像)になろうとしてもがいてきたことなど、なぜカードに出てくるのか? 本当に不思議です。

まだまだな私ですが、自分でない何者かになろうとせず、今いるところで「生ける言葉の書」つまり「人間」を学ぶ修練を積みたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。