貧弱なアイデアでも大切に扱おう!だから手書きメモ必携。打ち込むより書く方が早い。

働く主婦の相談役伊勢久楽ミサです。

私は、ブログ記事を書くために机の前に座っていて、良いアイデアが出て来ることがまずありません。

料理をしているときとか、食器洗いをしているときとか、朝礼をしているときとかに、ひょっと出て来ることが多いんですね。

で、そういうの覚えておけるって思っていたら、覚えておけないんです。

一段落ついたときに「あれ、いいタイトルだったのにな」とか、「何を書くんだったけ?」とか、全く覚えていない。

だから、もう、速攻で書けるように、テーブルの上にペンを一本、メモ用紙と共に置いています。

 

ママ・  ミーサ
エプロンのポケットとかに入れるよりも、目につくところに置いてあるほうが書きやすいわよね

 

朝礼で話をしているときに、結構良いことを言ったりするので、「あ、今イイこと言いそうになってる」と思ったら、すぐにiPhoneで録音メモしたりもします。

 

タバサ
声に出して言うんだ!

 

アイデアって、ちょっとしたヒントみたいなものだから貧弱に感じるかもしれないけれど、いくつか合わせ技で良くなることもあります。

だから、もやっとしたものでも消えてしまわないように、書き留めておきましょうというお話でした。