掃除とか片付けとか、どこまでしたらいいの?という疑問ありませんか? 私はこんなふうに考えています。

こんにちは。

働く主婦の相談役伊勢久楽ミサです。

働きながらの家事って限られた時間内にしないといけないから、どこまでか限度をつけておくと気が楽になりますよね。

で、私が採用しているのは、遊びに来たお客の目で見るです。

ホコリがあってもね「ま、いいや。またあとでね」とか、「日曜日にまとめてしよう」だとかって、その場しのぎなことを思って、結局しなかったりしませんか?

そして何度かホコリを無視したあげく、仕方ないから拭いて、やっと落ち着くんです。

でも、自分がお客でこの家に来て、たとえばトイレなんかでホコリみつけると「あれ?」って思うでしょ?

「忙しかったのね」とか、「日曜日にまとめてするのね」とか思いませんよね。

「あ、汚いな」って思っちゃう。

人にそう思われたくないなって思うと、後回しにせずに、スンスンできるんですよね。

だから、私の限度は、お客がソレを見て汚いと思わないラインです。

他人が見て汚いと思うものは、やはり汚いんです。

どう言い訳したって汚いの。

だから、掃除できる。

 

タバサ
でも、時間ないし・・・

 

そういうときには、予定に「清掃の時間」を入れます。

 

4時間くらいかけて、徹底的にするもよし、1時間ずつ4回にわけてするもよし。

気になる場所を、部屋の見取り図に✔を入れて予定を立ててします。

 

ミサ
私の場合は・・・

 

部屋の図面に引き出し一つから番号を振って、1時間でできる範囲で順々に整理しては、その日の日付を入れていきました。

整理してもすぐに乱れて来るから、掃除はキリがない作業です。

  • だから完璧を目指さない。
  • 時間が来たら切り上げる。
  • 何回も順番が回ってくるので、何度も整理している間に、だんだん乱れなくなってくる。

そんなふうに考えてやっています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。