朝礼はジャケット着用で!自宅オフィースだからこそ、けじめをつける。

さてさて、2月も10日ですね。

以前、朝礼のことを書いたことがあるのですが・・・

お家で仕事するなら「働き女子」の強ーい味方♡タイマーと、ひとり朝礼

朝礼で、声に出して読み上げる「信念」

 

化粧ができる魔法の言葉

 

実を言うと私、こんな記事を書きながら化粧もせずにダラダラとしておりました。

でもね、そうしていたときに、私の中のコンサルが言うわけですよ。

 

ミサ

その格好で、会社行ける?

電車乗れる?

 

そう言われれば、夫を送り出してからor夫よりも先に、ばたばた化粧して服を着替えて、駅まで毎朝走っていたときがありました。

とにもかくにも電車に間に合わないと朝礼に間に合わないので、どんなに寝坊しても、アクシデントがあっても、髪をなんとかくくりあげ、化粧して、ここ二三日と違う服を来て走っていたのです。

だとすれば、「9時半始業」と決めればそうできるはずだと思いまして。

一応服も、電車に乗れる格好に着替えまして、そしてジャケット着用。

 

朝礼はジャケット着用で

これは、私が以前勤めていた結婚相談所での決まりごとだったんです。

ノルマもきつかったですし、色々厳しい会社でしたが、とても良い会社でもありました。

始業の時間になると「朝礼でーす」というコールがあって、それまでざわざわしていた社員たちが、いっせいにジャケットを羽織りながら集まるんです。

そして社訓を唱和して、係のヒトが短い「いい話」をして、各部署からの伝達があって、支社長の言葉があって、「では、今日も一日がんばりましょう!」と一日が始まります。

 

 

ジャケットを着ると専業主婦でなくなる

 

 

弊社は、遅出のときは9時半始業なんですけれど、それまでに着替えて、お化粧をして、ジャケットを着て待機します。

で、時計の針が30分を指したところで、「では、朝礼を始めます」と言って、まずは神棚を拝礼。

それから、社訓。(ちなみに今は、「信念」とは別のことを言っています)

それから、本日の予定を発表して終わります。

朝礼が終わるとジャケットは脱ぐので、ほんとに朝礼のときだけなんですけれど、なぜわざわざジャケットを着るのか?

前職の職場では、朝礼や会議時のジャケット着用以外にも、ニックネームで呼び合わないとか、役職のある人は必ず役職名をつけて呼ぶとかの決まりがありました。

普通、会社とはそういうものなんですけど、あえてそこをグリグリと言っていたのは、社員のほとんどが40才代以上の、専業主婦からの転身組だったからじゃないかな?と思います。

女性どうしでついニックネームで呼び合ってしまうし、役職にも無頓着だったりするんですよね。

私が一人朝礼でのジャケット着用を義務付けているのも、ジャケットを着ることで専業主婦の感覚から抜け出すためなんです。

まあ、ちょっとやってみる価値はあると思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。