クリスマス・イヴニング2016 クリスマスとは、キリスト教以前の冬至祭を取り入れたものだった

日本の皆様、こんにちは。

今日は、クリスマス・イヴ!

ノンクリスチャンの日本人は、12月25日をクリスマスとして祝いますが、教会暦では日没を一日の境目としているので、キリスト教徒は12月24日の夕方からクリスマスを祝い始めます。

 

 

イエス・キリストの降誕と言うと、キリスト教のお祝い事になりますが、もとはゲルマン民族の冬至を祝う祭りだったのです。

北欧では「ユール」といいますが、太陽が再び力強い生命を持ち始める冬至を新年とし、神に捧げ物をしたと言います。

冬至とは、一年で一番夜が長く、昼が短い日のことですよね。

長い冬の中に「春への兆し」が見え始める日としてお祝いするのも良いのではないかと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。