【RJC】 「大いなる私」とつながるワーク

このワークは、「私は何のために生まれてきたのか?生きているのか?人生をもっと高い視点から見てみる」と連動しています。

 

「大いなる私」とつながる方法

 

用意するもの

 

  • 一人になれる時間と場所。10分~30分程度。
  • 床に座れるための、分厚い座布団か、クッション。
  • 専用のノートとペン。
  • タイマー。

できるだけ気を散らす音や、訪問者に邪魔されない空間を用意してください。

暑かったり寒かったりしないように、居心地良くしてください。

5分~30分の間で、タイマーが鳴るように設定してください。

 

「大いなる私」とつながる方法

 

  1.  背筋を伸ばした状態で、床に座ります。体育座りでもあぐらでも、正座でも形は自由です。
  2.  目を閉じて、自分のカラダから出ているエネルギーを感じます。
  3.  エネルギーは、カラダからどれくらいの幅で出ていますか?
  4.  オーラ写真のオーラの部分をイメージしてください。
  5.  エネルギーを強く出そうと意識してください。
  6.  エネルギーを今いる部屋の天井まで、いっぱいに伸ばして、あなた自身を部屋中に満たしてください。

 

初回は、ここまでできたら大成功です。
№5まで、できたら充分です。

 

次回以降、自分のエネルギーを、部屋からもっと遠くまで伸ばしていきます。

  • 近くの公園まで
  • 町内全部
  • 地球上
  • 成層圏
  • 月まで
  • 太陽まで
  • 宇宙へ

 

そうして、どんどん自分の存在を大きくしていく過程で、「大いなる私」とつながることができます。

 

「大いなる私」に話しかける

エネルギーが最大に大きくなったと感じられたところで、「大いなる私」に、その状態のままでメッセージを念じます。

疑問に感じていることをたずねたり・・・

今自分が欲しているもの、「それがあれば、すべてうまく行く」と思えるものについて、思い巡らしたりします。

※ 必要であることをアピールしたり、頼み込んだり、「頑張りますから」など交換条件を出してお願いする必要はありません。

 

タイマーが鳴ったところで終了

タイマーが鳴ったら、徐々に伸ばしていたエネルギーをたぐりよせます。

始めたときの、日常サイズにもどったように思えたら、目を開きます。

 

もとの状態に戻ったところで記録をつけます

目を開いてノートに、

  • ワーク中に感じたこと
  • 尋ねたこと
  • 思い巡らした物のこと

を記録します。

そしてそれから、質問に関する答えや、引き寄せできた物がないかを注意して、あればノートに記録します。

願っていた物とは、ちょっと違うものが届いたときは、「なぜ違ったのか?」を次回のワークのときに尋ねてみると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です