ヒトマネをしないこと、自分自身を知ることが成功のカギ! 全力でホンモノになろう!

成功のカギはキャラクターの確立

 

成功するための要素は何か?

 

主婦起業を応援する立場で、いつも考えているのは「成功するための要素は何か?」ということです。

 

潤沢な資金、良い立地にある店舗、才能、人脈などでしょうか。

 

私が思うに、それらよりも「いの一番」に必要な要素は、その人自身のキャラクターが確立されていることです。

 

キャラクターを確立させるための以下の質問…

★ 唯一無二の存在である「自分自身」をどれくらい客観的に正確に知っているか?

★ 毎日、毎瞬間、「自分自身」として生きているかどうか?

★ 誰かの前に立つとき、別のキャラクターを演じていたりはしないか?

 

これらの質問にずっと答え続けることは、非常に難しいことですが、成功するには必要なことだと思います。

 

 

もちろん、私自身もずっと考え続けています。

 

「私に何ができるか?」

「お金を支払っていただけるほどの質の高いサービスとして、私は何を提供できるだろうか?」ということを。

 

 

素晴らしい人を尊敬して、同じようにしてみることは、ニセ者になることだろうか?

 

私はこの疑問に関して、一つの解答にたどり着きました。

ニセモノとホンモノの違いは、心の在り方の違いなのです。

 

 

本物の人というのは、「自分は自分であり、誰とも違う」と知っている人のことです。

虎は、いくらマネしてもライオンにはなりませんから、もし、マネてみたければマネても良いのです。

いろいろな試行錯誤のなかで、虎だけどライオンのマネをしてみたり、チータのように早く走る練習をすることは、なんの問題にもならないし、やってみる価値のあることだと思います。

ただそのときに、虎が「いつかライオンになれるかも。チータになれるかも」と思ったとしたら、それは自分を否定することになり、まねしたことが虎としての技能を上げることにはならないばかりか「ニセモノへの道を行くことになるよ」ということなんです。

 

宇多田ヒカルも唯一無二。その他の歌手も唯一無二。

 

宇多田ヒカル氏が最近発表した『ファントム』というアルバムの、完成度があまりにも高いので、ほかのシンガーソングライターたちが絶望しないかと心配になるほどですが 🙂

もし、宇多田ヒカル氏と自分を比較して、がっかりしている歌手がいるなら、才能を比較するなんて全く意味がないことなので、比較なんてしないほうがいいと伝えたいですね。

 

一人ひとり、まったく違う世界に住んで、みんなが共生していけます。

歌手や芸術家でない私たち起業主婦も、それぞれに個性があって、唯一無二の個性を磨けば、同じ職種どうしでも共存共栄していけるのです。

 

誰かのマネをするのは命取り

 

こうしたら儲かりますなんていうハウツーに従って、個性から生まれる仕事をしないなら、価格競争に巻き込まれて、買いたたかれて消耗してしまうだけです。

だから、まず自分自身を知って、唯一無二の存在になりましょう。

 

唯一無二の自分になる方法

 

自分らしくあるために、好きなこと、楽しめることをみつけるのが先決です。

そして、それらを一生懸命にすること。

自分の感情を知ることも大切です。誇らしい感情ばかりでなく、自分で認めたくない感情だったとしてもね。

たとえば、他人の幸運を妬ましく思ったなら、そう思ったことを自覚する。

「人を妬んだりしない」という、理想的な自分のふりをしないことが重要です。

 

そして、話すときも書くときも、本当の自分を飾らない言葉で伝えるようにします。

誰も同じように感じたり考えたりはしないものですから、自動的にキャラクターが立って、唯一無二の存在になれます。

 

 

ちょっとだけ私のこと

 

 

とは言うものの、私は好きなことが多すぎて、いまだにキャラクターが決まらなくて困っています。

 

カードリーディングをしていて、ライフコーチングのコーチもしていていますが、

それは、見えない世界の情報とカウンセリングの技術を使って、起業主婦を応援したいから。

自分を変えたいという人を応援したいから。

生きにくさを感じている人に、「大丈夫」な世界を見せてあげたいからです。

 

それとほかには、

物語(ファンタジー)の世界が好きでしかたなくて、物語の中に入り込みたい。

物語を絵に描きたい。

思いを詩にしたい。

手芸で温かい気持ちを伝えたい。

庭をデザインして、四季折々の花を咲かせたい。

学んだことや感じたことや、考えたことなどエッセイにして伝えたい。

 

都会で知的な生活をしながら、森の中にも住みたいと思う。

 

こんなに色々なことがしたくて、でも人生は一度きりで、何を優先させたらいいかもわからないし、すべてが私だし。

 

だから、天使に尋ねてみました。今日。

答えは・・・

「何になろうか」と肩書を考えなくても、あなたが誰であるかのほうが大切です。

あなたが誰かがわかったら、周りの人があなたに肩書をつけて呼ぶでしょう。

あなたは「何になるか?」よりも、「どうしたら自分を生きることができるだろうか?」という問いのほうを優先して考えなさい。

あなたに、このようにありたいというプランがあるなら、それを自分の中にダウンロードしなさい。

あなたが願うとき、それがどのようなジャンルのことであれ、天使は可能性の扉を開きます。

あなたが考えているよりも、もっと素晴らしい道が開かれるかもしれません。

 

どうぞ、あなたは楽しんで日々を過ごしてください。

「これをしたらどうなるか? 何になるか? いくら稼げるだろうか?」を考えることなく、まず楽しんで行動してください。

文字を書いたり、

本を読んで知識を得たり、

美食を楽しんだり、

絵を描いたり、

編み物をしたり、

刺繍をしたり、

パーティーを企画したり、

ケーキを焼いたり、

物語を考えたり、

人形を作ったり、

良い主婦ごっこを楽しんだり、

 

なんでも、してみてください。

でもひとつだけ、苦手なことやできないことにぶつかっても、逃げないようにしてくださいね。

チャレンジ(課題)には、果敢に挑んで、克服するようにしてください。

 

あなたは何をしても良い。すべてをするという誓いの限りにおいて

 

あなたは、あなたがデザインした庭で、育てた花をスケッチしたり、刺繍したりするでしょう。

あなたは、望む仕事をして、望む収入を得るでしょう。

あなたは、あなたが住みたい家に住むことができるでしょう。

あなたの望み通り、庭には小川が流れているでしょう。

あなたは着たい服を着て、食べたいものを食べて毎日を過ごすでしょう。

 

あなたがそうしたいと願って、実際にすべての工程をきちんとするならば、あなたはできるでしょう。

 

以上、私への天使からのメッセージですが、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。