【起業主婦インタビュー】パチコスキー真由美さん「オンラインで世界中の女性のために貢献していきます」

アメリカでエステサロンを経営していらっしゃるパチコスキー真由美さんへのインタビューPART3です。

  1. 【起業主婦インタビュー第一回】エステサロン経営者パチコスキー真由美さんの情熱「女性を輝かせたい!」
  2. 【起業主婦インタビュー】エステサロン経営パチコスキー真由美さん「もっと可能性を広げる考え方をしよう」

 

第一回目では、真由美さんご自身の「自分探しから独立開業まで」を
第二回目では、開業前の迷っている人たちに向けてのエールを伺いました。

本日は第三回目として、真由美さんが情報発信される理由と、企画していらっしゃるセミナーや、オンラインコースについてお話を伺います。

 

パチコスキー真由美さん プロフィール

 

13077331_10206549236189560_492558325_n

                         左:ご友人 右:パチコスキー真由美さん

 

  • 1969年生。現在47歳
  • 九州天草出身
  • 短大卒業後、中華航空に就職。キャビンアテンダントとして台北で3年間勤務
  • コンチネンタル航空に転職。中国語機内通訳をする。
  • 結婚
  • 出産を機にキャビンアテンダントを辞め、以降自分探しが始まる
  • 夫の早期退職を機にメリーランド州へ転居
  • 30歳。メイクアップアーティストになるため、美容師学校に入り免許を取得
  • パートタイマーで美容院で働く
  • スパも併設した美容院を持ちたいという夢を持つ
  • 34歳。VON LEE INTERNATIONAL SCHOOL OF AESTHETICS, INCに入学。スキンケアを学ぶ
  • 「伝説のエステティシャン」から教えを受けて、スキンケアの面白さに目覚める
  • 学校を卒業後、スキンケアサロンに就職。アシスタントとして勤務
  • 独立して、エステサロンを開業
  • サロン経営が軌道に乗る
  • 現在、サロン経営とともに「エステサロン開業」と「経営」についてのコンサルティングも行っている

 

 

第三回 起業した人たちへマインドや経営について伝えたい

 

みさ
前回は、開業を考えている主婦たちへのエールを頂きました。

本日は、真由美さんが情報発信していらっしゃるブログについてと、今後の展望について伺いたいと思います

 

 

日本人に向けてアメリカ式エステ開業について発信する理由

 

みさ
真由美さんは現在、パチコスキー真由美のエステ開業術というブログで情報発信されていますね。

タイトルに「パチコスキー真由美が アメリカ式エステ開業の全てをお教えします」とありますが、日本人向けに、アメリカでエステサロンを開業するための情報を伝えていらっしゃるのでしょうか?

真由美さん
はい。

アメリカ国内、ヨーロッパ、イギリスでもエステサロンを経営している日本の人はいらっしゃるんですね。

それで問い合わせがあるので、やっぱり悩んでいらっしゃるんだなと思って、情報発信しています

みさ
なるほど。

海外在住で、その土地でエステサロンを開業していらっしゃる方向けの情報発信ということですね

真由美さん
外国では言葉のハンデがありますが、エステの場合、しゃべるのが上手でなくても技術で信用してもらえるんですね。

「この人上手だ」と思ってもらえれば、英語が下手でもお客さんがついて、ちゃんと稼げるようになるんです

みさ
おお! 
真由美さん
ネイティブではないので、デスクワークで現地の人と勝負するのはハンデがあります。

技術職で道を極めるほうが、成功しやすいのではないかと思うんですね。

そこで、エステで勝負しようとしている人たちに、「こういう点で私は困りましたよ」とか、「こういうことをしておくと良いですよ」というのを伝えています 

みさ
真由美さんの実体験に基づいたアドバイスなんですね 
真由美さん
「日本人しかお客さんにしない」と言う人が多いので、そうじゃなくて現地の人をお客さんにできますよと伝えたり・・・
みさ
ああ、なんかわかります。日本人的ですね
真由美さん
ネイティブみたいに英語ができなくても、施術の説明ができて技術を体験してもらって「わーこの人すごい」と思ってもらえれば、別に人種もなにも関係なく、お客様は来てくださいますから。

その可能性を探って行ってほしいなと思っているんです

みさ
そうですね。日本人だけでなく、現地の人もお客様にすることができれば、それだけ経営が良くなりますものね!
真由美さん
アメリカに住んでいながら日本語だけで生活できるような、日本人がいっぱい住んでいるコミュニティに暮らしていると、現地の人に対応するとき、戸惑ってしまうかもしれない・・・

私のようにアジア人というものがそんなにいない田舎に引っ越してしまうと「あなたが最初に会った日本人よ」と言われたりしますしね

みさ
この現代でも珍しがられるんですね!
真由美さん
やっぱり孤独なんですよね。外国で一人でいて、事業をするというのは・・・

そんなところで自力で開業していこうと思うと、まわりに見本にできる人もいないですし、どうやってやって行ったらいいのか、色々悩むことがあると思うんです。

それで、そういう方が私のブログ見て、「ああ、こうすればいいんだ」とか分かってもらえれば、私が手さぐりで捜していたのよりも、もう少し早く結果も出るんじゃないかと。

そういう方法を教えられるんじゃないかなと思うので、情報発信しているんです

みさ
なんて素晴らしい!

外国で孤独にがんばっている人には、一条の光のような存在ですね

真由美さん
いやそれも、広い意味で女性を元気にするためなんですよ。

自分のやりたいことで羽ばたいてもらうためなんです

みさ
第一回のときにおっしゃっていた、女性に輝いて欲しいというお気持ちですね
真由美さん
はい。

私は専門がエステなので、エステを通じて輝いてもらおうと。
エステティシャンとして自分で自信を持てて、自分で経営してても大丈夫だっていうふうになってもらいたいと思うんです

みさ
なるほど・・・
真由美さん
やっぱり、大きな真の目的は、母であり女性である日本女性に、海外であっても日本であっても輝いてほしいという願いなんです
0b4f2496516b2c3524649ef01058442e_m

 

「情報発信」プラス「提案」

 

みさ
これからも、ブログなどでの情報発信にもっと力を注いで行くお考えですか?
真由美さん
そうですね。

発信力を強めて・・・

「別の考え方もある」という提案をしていきたいですね。これからは

みさ
と、言いますと? 
真由美さん
(外国人に比べて特に)日本の人は、見えない鎖につながれているように思えるんですね。

考え方に選択の幅が無いというか、一つか二つの選択肢しか人生に用意されてないように、自分で自分を追い込んでいる人が多いんじゃないかなと思うのです

みさ
見えない鎖ですか・・・
真由美さん
一つか二つの選択肢しか見えなくて不自由をしている日本人に、別の「こういう考え方や生き方もあるよ」ということを知って欲しいんです。

なのでこれからは、様々な選択肢の提案をして行こうと思っています

 

41bbea81ec6d9af0ef5653c0aa773936_m

 

 

セミナーで「どうやって生きるか」の選択肢を提案する

 

真由美さん
アメリカからブログを配信していて、半分アメリカ人みたいになっているので・・・

ブログを読んでくださっていても、「この人ってどういう人だろう?」って、疑問に思いつつ読んでいらっしゃる方が多いのではないかと思っているんです 

みさ
そうかもしれませんね
真由美さん
ですから、日本でセミナーをすることで実物に会っていただいて 🙂

「自分のやりたいと思っていたことって可能なんだ」とか、「色々な選択肢があって、何を選んでもいいんだ」とかということを伝えたいんです

みさ
ブログで発信するだけでなく、セミナーなどで直接対面して、様々な選択肢があることを提案したいということですか?
真由美さん
そうです。

自分たちで自分の思うことをやっていける日本にならないと、海外にいる私のほうからみると、「日本ちょっと危ないなー」というか、「すごく元気がないな」と感じることがあるんです 

みさ
 日本に元気がないですか?
真由美さん
元気な人もいっぱい出てきてはいるんですけれども・・・

これからの時代は、自分で自分の道を定めて、自分でプロデュースできるようにならないといけない時代だと思うんですね。

誰かが自分をアイドル歌手みたいに育ててくれるという時代ではないので、各個人が「どうやって生きるか」を真剣に考えていかないといけないと思うんですよ。

真剣に考えないと本当に追い詰められて、精神的に病気になるんじゃないかなと思うんですね

みさ
あなた任せにしていると、いつしか生きづらい場所に押しやられてしまう・・・というような意味でしょうか?

 

真由美さん
子どもにも、自分で人生をプロデュースする生き方を教えないといけないでしょう?

でも私たちバブル世代は、別に才能がなくても稼げちゃった、ほんとにラッキーな、誰でも稼げた時期に育った人たちですから・・・

私たちが人生を教えようと思っても、なかなか今の若い人、これからの時代を生きようという人には響かないんじゃないかなと思うんですよね。

これからは、マニュアルが通じない時代なので、私のように自分で道を切り開いてきた人たちが、どんどん、千差万別の意見や提案をしていって、彼らが自分に合う人の意見を選んで参考にするのの、その選択肢の幅を広げることをやっていきたいな・・・という感じですね

みさ
セミナーを、その千差万別の意見を伝える機会にしていくということですね?
真由美さん
ええ。

エステに関することも指導しているんですけど、実を言うと、仕事の依頼は人間力をつける、「人材育成の話」とか、自分で思っている方向の依頼のほうが多いんです。

それか人生相談ですね

みさ
人生相談ですか?
真由美さん
エステティシャンの方のコンサルティングもしているんですけれど、人生のコンサルみたいになってしまって・・・
みさ
はあ・・・
真由美さん
でも私は提案するだけで、決めたりとか生きるのは、その人自身でしなければいけないことですので、お話しながらその人たちが自分で決めて行くんです。

昔の、「あなたなんてダメよ、こうしなさいよ」みたいな洗脳タイプの回答では、これからの世の中を生きていけないですから。

自分の考え方をきちんと作ってもらって、じゃあ、どうやって選択しますか?っていうような考え方を教えているというか指導しているという感じです

みさ
なるほど 
真由美さん
エステの開業術なんですけど、人生の指南と言うかひとつの提案になっている・・・。

でも私の言っていることが100%その人に合うかというとそうでもないですし、合わないことがわかることも、それも学びで、何もムダではないのでね

 

6623f5b82a45bc7627bb94bc53e601af_m

 

「エステの技術」と「経営」の二つのオンラインコースを作る

 

みさ
今までお話を伺ってきて、まとめますと・・・

真由美さんのお仕事はエステティシャンですが、社会貢献の意識がすごく強い方で、エステの技術のみならず「生き方」を提案する方向に、どんどんシフトして行ってらっしゃるようです。

今は、やはり生き方指南のほうに向かっていらっしゃるのでしょうか?

真由美さん
私は、仕事は三つくらいかけもちで普通にできるというか、そういう性格なので 🙂

どれも全部、いっしょにですね 

 

エステの技術のオンラインコース

真由美さん
日本はすごく技術の高いエステティシャンもいっぱいいらっしゃるんですが、免許制度がないんですね。

アメリカではきちんと学校に行って、州によって決められた何百時間という時間数の実技をこなして、試験を受けて、合格して、免許を取れたところで初めて開業できるのですが、日本にはその制度がないんです。

だから(腕の良いエステティシャンもたくさんいらっしゃるんですけれど)、免許がないから誰でも素人が参入できてしまい、開業1年後に残れるのは4割か3割くらいなんですね。

3年まで生き残れるのは、そのなかで1割くらいなんです。

ですから私は、技術貢献と言いますか、

  • これがアメリカやヨーロッパのスタンダードのフェイシャルの流れなんですよ
  • フェイシャルのマッサージは顔筋に沿ってマッサージしないと、リフトアップの効果が何もないですよ
  • ただ、顔をなでてマッサージしているような気分になっているだけなのがマッサージじゃないですよ

そういうことをちゃんと教えたいんですね。

教えてあげれば日本人は凄くこまやかで勉強家だから、世界に通用する技術を持てるのは確かなんですよ

みさ
はい 
真由美さん
そういう指南書がないのでね、それをオンラインコースにして、自宅でやっている人でも動画を見て勉強できるように、今考えているんです。

オンラインで、受けやすい金額で情報を提供することで、日本のエステティシャンのレベルがパンと上がるという、そういう貢献をしたいと

みさ
受けやすい金額っていうの、いいですね!

※ サービスメニューの中のオンラインコースに既に1つ「5つのフェイシャルパックの作り方が学べるコース」が出来上がっています(5月8日追加情報)

サービスメニュー欄(事業内容)

 

真由美さん
それもやっぱり女性を元気にする貢献ですよね。

その人たちが起業して、成功するのにつながりますし

みさ
はい 

 

経営の基本のオンライコース

真由美さん
経営3年目か4年目に入ったときに、自分で「ああ伸び悩んでいるな」と思って、経営塾みたいなところの13週間のクラスに通ったんです。

日本でも訳して起業塾で教えていると思うのですけれど、テキストが200ページ以上あって、大半読まないのに情報ばっかり上げて、無駄が多いんですね。

それを私が自分で、簡単に、本当に応用できて、それだけをやっていれば毎年でも絶対右肩上がりにしかならないという経営の方法としてコースにしてあるので、5月の末くらいになったらそれを発表しようかなと考えています

みさ
エステの技術面だけじゃなくて経営の基本のコースですね

 

経営者になるには、経営の基礎を学ぶことが必要
真由美さん
経営者の基本として、「自分でいくら稼ぎたい」と、「これくらい自分のふところに入って来て欲しい」と思うならば、月に何人フェイシャルの施術をしないといけないのか? を考えなくてはね。

「あなたのその3500円のエステで、ほんとにその目標が達成できるの?」

「35000円売り上げるために10人施術しないといけないですよね。じゃあ35万円だったら?」

「一か月に100人て、お客様を毎月それだけ集められますか?」という現実をお話すると、「ああ」ってそのときにわかられるんです。

何も経営の基礎がわからないときには、夢みたいなことを考えていて、理想と現実がちぐはぐなのが、自分でわからないんですね。

それで技術だけあってフェイシャルで開業されてても、続かないのは当然なんです 

 

cc8c11f13be94884f4c47725ca08d82f_m

 

真由美さん
だから、「経営の簡単で濃いプログラム」と「技術」を配信して、自分で稼げるエステティシャンをつくりだすのが一つの目標です。

経営の講座は、全世界の人がビジネスコースとして勉強する「起業のしくみ」を簡単にしているものなので、これが習得できれば、どんな経営でもできるので、誰にでもお勧めできるものです

みさ
エステの技術のコースと、経営の基本のコースの両方をオンラインで企画していらっしゃるとは・・・

真由美さんのポジションだから思いつくことですね!

真由美さん
教えるだけでなく、元気づけることにもなったらいいなと思っています。

女性だけでなく、男性の方で共感してくださる方も多くて・・・

若い30代とか、20代の男性からでも「すごく勇気づけられました」とか、「お会いしたいです」とか言うメールをいっぱい頂いくんです。

そういう男性方にも、「あなたが今、やりたいと思っている形で起業しなさい」って背中を押してあげる。でも無責任ではなくて、「こういうところをもっと考えて気を付けたらいいですね」ということも言いながらね。

ちょっとサポートしてあげられるセミナーをして、元気づけられたらいいなと思っています

 

みさ
それは日本人だけが対象ですか?
真由美さん
アメリカでも、セミナー講師をやってみてくれないかとか話は来ていて、アメリカでもするかもしれません。

でも、アメリカではもう何億と稼いでいる女性社長がゴロゴロいますから、その中に自分が入っていって何かやろうとは思ってないです。

でも自分が持っているもので、教えて欲しいと言う人にセミナーをしたり、個別で指導したりすることができればいいかなと思っていますけれど

 

今後の日本でのご活躍

 

9bb06e9ce9e1716fe5c6e83a72519d4a_m

 

みさ
日本には良く帰ってこられるんですか?
真由美さん
昔は良く帰ってきましたが、今は年に一回くらいですかね。

母も老いてきていますし、やっぱり後悔したくないので、これから先はなるだけ日本に年に2~3回は帰れるようになればいいなと思っています

みさ
離れていらっしゃると、気がかりですね
真由美さん
今の内にセミナーをしたり、いろいろな人とお会いして、日本に帰国する時には家族に会うだけじゃなくて仕事がてらにできれば、それも楽しいかなっていう感じでやりたいなと思っています。

要はバランスですね。稼ぐだけじゃなく母にももっと孝行したいし・・・。

そういうことをやっている私の姿を見て、娘に「家族って大切なんだな」と思ってもらってですね。
母としてのバランスをもった女性になってくれたらいいなと思っています。

まあ彼女が子供を持たないなら別に持たなくてもいいんですけど。

それは彼女が決めることなんですけれど、やっぱりこういう生き方を彼女に見せていたら、そういうことに対面したときに、うちのお母さんはこうしていたなとか思ってもらえるんじゃないかと思うところはありますね

 

 

まとめと感想

 

  • 海外在住で、その土地でエステサロンを開業していらっしゃる方向けの情報発信をパチコスキー真由美のエステ開業術というブログでしている。
  • エステの場合「この人上手だ」と思ってもらえれば、英語が下手でもお客さんがついて、ちゃんと稼げるようになる
  • 日本人しか相手にしないのではなく、現地の人をお客様にする可能性を探って行ってほしい
  • 海外で一人で開業するのは孤独。その人たちの手本に私のブログがなればいい。
  • 私が手さぐりで捜していたのよりも、もう少し早く結果が出るんじゃないかと思う
  • それも、広い意味で女性を元気にするため。自分のやりたいことで羽ばたいてもらうため
  • エステティシャンとして自分で自信を持てて、自分で経営してても大丈夫だっていうふうになってもらいたいと思う
  • 母であり女性である日本女性に、海外であっても日本であっても輝いてほしい
  • 「色々な選択肢があって、何を選んでもいいんだ」ということを伝えたい
  • これからの時代は、自分で自分の道を定めて、自分でプロデュースできるようにならないといけない時代だと思う
  • 日本のエステティックは免許制ではないので、素人が参入して、すぐに辞めて行く現状があるから、アメリカやヨーロッパのフェイシャルのスタンダードな流れを教えたい
  • 今はそういう指南書がないので、それをオンラインコースにして、動画を見て勉強できるようにしたい
  • 現在のサービスメニューでオンラインコース、1つを発表。
  • 5月末に経営の基礎:自宅で起業塾を発表予定。http://pmayumi.com/consulting-menu/service-menu/
  • 35万円の売り上げを上げるために、3500円の施術で一か月に100人、お客様を毎月集められますか?
  • 経営の基礎がわからないで、エステの技術だけで開業するから続かない
  • 「経営の簡単で濃いプログラム」と「技術」を配信して、自分で稼げるエステティシャンをつくりだすのが一つの目標

 

1eb0e57166ca63194aaf0fb4d41cf2ff_m

 

真由美さんのことを詳しく存じ上げなかったので、今回インタビューさせて頂いて本当に良かったです。

お話の中に、しばしば「女性への貢献」という言葉が出てきました。

しかしそれは、単に一人の女性のためにとどまらず、母である彼女自身の幸福のためであり、育てられる子供のためであり、夫や家族の心の安らぎのためであるという、壮大な広がりを持つものでした。

アメリカと日本とに離れて暮らすお母様への思いと、起業の忙しいさなかでも大切に育てられたお嬢様への思いを伺っていると、真由美さんの中心にある「女性への貢献=家族への貢献」が、最近思いつかれたものではなく、家族の伝統として受け継がれてきたものなのではないかと思われます。

起業家の中には自分の成功のことしか考えない人もいますから、真由美さんのように社会への貢献を常に念頭に置いていらっしゃる方は素晴らしいですね。

これから日本でも積極的にセミナー活動をなさるとのことですし、オンラインで世界に散らばる日本女性に、真由美さんの知恵と技術がシェアされることを願っております。

真由美さん、たくさんお話くださって、本当にありがとうございました。