【起業主婦インタビュー】エステサロン経営パチコスキー真由美さん「もっと可能性を広げる考え方をしよう」

読者のみなさんこんにちは。

こちらは、前回の記事【起業主婦インタビュー第一回】エステサロン経営者パチコスキー真由美さんの情熱「女性を輝かせたい!」の続きになります。

第一回目では、真由美さんご自身の「自分探しから独立開業まで」をお話いただきました。

今回はそういう真由美さんから、今現在自分探しをしている人たち、開業しようかどうか迷っている人たちに向けてのエールを伺いました。

 

パチコスキー真由美さん プロフィール

 

13120747_10206549237349589_494262382_o
  • 1969年生。現在47歳
  • 九州天草出身
  • 短大卒業後、中華航空に就職。キャビンアテンダントとして台北で3年間勤務
  • コンチネンタル航空に転職。中国語機内通訳をする。
  • 結婚
  • 出産を機にキャビンアテンダントを辞め、以降自分探しが始まる
  • 夫の早期退職を機にメリーランド州へ転居
  • 30歳。メイクアップアーティストになるため、美容師学校に入り免許を取得
  • パートタイマーで美容院で働く
  • スパも併設した美容院を持ちたいという夢を持つ
  • 34歳。VON LEE INTERNATIONAL SCHOOL OF AESTHETICS, INCに入学。スキンケアを学ぶ
  • 「伝説のエステティシャン」から教えを受けて、スキンケアの面白さに目覚める
  • 学校を卒業後、スキンケアサロンに就職。アシスタントとして勤務
  • 独立して、エステサロンを開業
  • サロン経営が軌道に乗る
  • 現在、サロン経営とともに「エステサロン開業」と「経営」についてのコンサルティングも行っている

 

第二回 起業に踏み出せないでいる人たちへのエール

 

みさ
前回は、真由美さんが開業されるまでのお話を伺いました。

本日は、これから起業しようとか、起業したいけれども迷っているような方に向けてお話をいただけませんか?

 

真由美さん
はい。

そうですね。今もいらっしゃると思うのですが・・・

お給料をもらって働いていて、子育てもしていて、でもいつか自分で起業したいとか
専業主婦で、自由に使える「起業できるほどの資金」はないけど、自分でやってみたいとか
どうやったら起業できるんだろう?と考えている人が 

 

みさ
はい。

そういう方々のために、このブログを作っております 🙂  

 

真由美さん
そういうことを考えていらっしゃる方には、「まずやってみることだ」と申し上げるんですよ。私は 

 

まず一歩踏み出して!やってみることが大事!

 

みさ
まず、やってみなさいと・・・

 

真由美さん
だめだったら軌道修正すればいいですし、やっぱりやってみないことにはわかりません。

経験にムダはないですから。

 

起業はスポーツと同じなんですよ。最初できなくて、でも教えてもらうと何となく形ができてくる。

ビジネスも同じことがいえて、自分でやって体験しないことにはわからないんですね 

 

みさ
体験しないとわからないというのは、頭ではわかるんですけれど・・・

でも、ダメだったらどうしようかって恐いですよね 

 

真由美さん
失敗しちゃうこととか、失敗したら恥ずかしいとか・・・
家族から「それみたことか」と言われるんじゃないかとか・・・

そういうことを想像ばっかりして、踏み出せない人が多いですね

 

みさ
はい。

恥ずかしいのもありますし、お金がからむことなので勇気が出にくいんですよね 

 

真由美さん
でもね、起業ってね、いつも軌道修正しないといけないものなんですよ。

私も経営8年ですけど、いつも軌道修正しています 

 

6e6d50fbcc3de39ba153b76c62a38102_m

 

 

苦しいことがあるのは当たり前! 楽して簡単に稼げることはない

 

真由美さん
事業は、誰でも、どんな人でも、やってみなければわからないです。

波にもまれながらも、波に乗っていけるような順応性のある人しか生き残れません

 

みさ
生き残れないとは厳しい言葉ですが、その通りですね 

 

真由美さん
事業を始めると、苦しみがあったり、辛いなと思うことがあるのは当たり前なんです。

起業したい人の中には、「起業してすぐに30万円くらいぽんと入ってくる」って、私から見ると信じられないくらい甘い期待をしてやってる方がいらっしゃいますけど・・・

そういう方は起業してから、「え?こんなんだったの?」って思われるかもしれません

 

みさ
はい

 

真由美さん
あまりにも、最短で、すごく稼げるのが起業だって思い込んでいる人が多くて・・・

でもそれは逆なんです。

勤めてるほうが楽なんですよ。仕事ができてもできなくても同じ時間給がもらえますから

 

 

みさ
はい

 

46936ccc723f71a0e57d01faf461a2be_m

 

メンターを持つ必要性。学んで始めれば失敗の率は低くなる

 

みさ
起業前に思い描いたようには運ばなくても、それで「ダメだ~」とあきらめてしまわないことが大切なんですね

 

真由美さん
そうですね。

何があっても順応していく気持ちがあれば、そして経営について、あるいは技術について学べる先生を探し出して学んでいけば、それほど失敗するものではないと思うんですよ

 

みさ
これはポイントですね!

自己流で開業してしまわないで、先生を探して経営について学ぶ必要があるんですね

 

真由美さん
でもみなさん、そこまでできないんです。
起業したあと、思いもよらない展開になったときに、自分で道を切り開いていく能力がまだ勉強できていないことがわかって、どうしていいのかわからなくて立ち往生してしまう人が多いんですね

 

みさ
そして、すぐあきらめてしまう

 

真由美さん
ちょっとダメだったら、別のやりかたを考えればいいと思うのだけれど、それができないんですね。

まるで、高速道路しか通っちゃいけないと思ってる人みたいに。

高速が混んでいたら、下りて一般道を通ったほうが実は早く到達するかもしれないという応用がきかないのです 

みさ
そうですね。

一人で仕事をしていると視野が狭くなってしまうのかもしれませんね。

だから、メンターのもとで学ぶ経験が必要なんですね

 

8aef60eab6b946aa499e2dfc5fa6c654_m

 

亀の歩みでも、止まらないことが大事!

 

真由美さん

事業を続けることは、そんなに難しいことじゃないですけれども、メンタルタフネスとでも言うのかな?

精神的にタフであることは必要ですね。

そこだけは、私の場合強いので、才能があるとかいうよりも、やっぱり追い求める情熱が強いというのかな?

だからどんなことがあっても私は、亀の歩みでも、這ってでも絶対止まらないです

 

みさ
亀の歩みでも止まらないというのも、リアルで素晴らしい表現ですね!

ゆっくりでもいいから、活動を続けることが大事なんですね!

真由美さん
みなさん止まってしまうんですよ。

一つして、それができないと止めて・・・

全く別のことを始めちゃったりするから、いつまでたっても同じようなところをグルグルとまわってしまって、進めないんです

 

みさ
耳、耳が痛いかも・・・ 🙂 

 

真由美さん
でも、大きな壁にぶち当たって、回り道もできないなと思ったら、アイスピックみたいなのでもゴンゴンと突いていると、あるときヒビが入るんですよ。

それをやっているときは「いつまでかかるんだろう?」って思うけれど。

そのアイスピックで突っつくのを、何か所かですると、ヒビが入ってドンと崩れるんですね。

それが、そこまで行ける人がいないというか・・・

 

みさ
なるほど・・・

 

真由美さん
そうやって一度壁をくずすと、「ああ、こうやってやるもんなんだ」とわかってね。

別の形で「わー」って思うような大変なことが起こっても、自分で冷静に対応策を考えて、その次の課題を乗り越えていけるようになるんです。

そうしているうちに何が起こっても動じなくなっていくんですね。

だからもう、ほんとにやるしかないんです

 

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_m

 

恥をかくことを面白いと思えるようになると、本当の起業家

 

真由美さん
笑われるんじゃないかとか、思わないことですね。

そんなにまわりの人は注目していません。

私のブログもそんなに読まれてないですから、だからあなたのブログもそんなに気にしなくていいですよって言ってあげるんですけれども 😀  

 

みさ
やっぱり、自意識過剰になってしまうんですね。

自分だけの恥にとどまらないというか、家族にも申し訳ないとか、どんどん悪い方へ考えが向かっていってしまいます 

 

真由美さん
一人の人にほかの人が集中して時間を割いてくれるなんて1日5分あったらすごい良いんじゃないかって。

自分が思うほど世界は自分に注目していないんだから、旅の恥はかきすてじゃないけれど、いっぱい恥をかいて学んだ方が、あとでそれが強みになります。

その勉強を失敗だと思わないことですね。

それを面白いと思えるようになってくると、本当に起業家だと言えると思うんですけど 

 

みさ
肚をくくった人にしか言えない台詞ですね! 
8c1e56382f06ab270e91a025017bc260_m

 

どんな価値観を持っているかで、成功の内容も変わる

 

真由美さん
そこまでのレベルに意識が達しないのは、今まで学校でも留年せずに過ごしてきて、いつも一定に成長するのが当たり前だと思っているからだと思います。

そうして大人になってから「自分でやってごらん」と言われて、そんなふうに成長できないと「自分はダメなんだ」「向いてないんだ」とか・・・
すぐ簡単にあきらめてしまうんじゃないでしょうか?

でも、人生ってそんなことないですよ。

100人いたら100通りの人生があるので、これが正しいとかあれが悪いとか、絶対ないので。

完璧な人生なんてものもないですし・・・

 

みさ
うーん。子育て中のママさんにも大切な考え方ですね 

 

真由美さん
完璧だったら生まれて来なくていいと思うんです。
私は魂の勉強をするために半分生まれてきていると思うんで、こういうと軽く思われるかもしれないけれど・・・

ゲームをしている感覚で、次のレベルに行くとまた新しい課題があって、「わー」って何度も失敗するんですけど、そのうち要領をつかんでいって、また次に進むっていう・・・

それのくりかえしだと思うんですね。人生も。

だから最初からカンニングして、全部スルーっとできたら、ゲームの面白みがないんですよ

 

みさ
人生はゲームみたいなものだというの、私もそう思ってるんですよ。びっくりぽんです! 

 

真由美さん
このカンニングシートを捜そうと思っている人が、たくさんいすぎると言うか・・・。

それが本当の人生じゃなくて、いろんなことを味わって魂として人間として成長していくのが本当の人生の意味じゃないのかな?と思ってるんです、私 

 

みさ
カンニングして満点取るのが人生の意味ではなくて・・・ということですね 

 

6627d2a637dfd993197dea975034e071_m

 

自分の基準をどこに置くかを決める

 

真由美さん
自分がどこに基準を置くかで、成功の内容も違うということですね。

私はもちろん売り上げも黒字で、自分で家族を支えると言うのも大事なんですけれども・・・

それ以前に自分は自由でないとイヤなんだなってことがわかったんです

 

みさ
真由美さんの場合、自由であることに価値観が置かれているんですね 

 

真由美さん
母校のスキンケア学校でも2年半教鞭をとらせて戴いだんですが、やっぱり期間中、ある一定のものを拘束されて自由がなかったんです。

教えていても色々アイデアがが出てきて、こういうビデオを見せたいとか、こういうふうに教えたいと思っても、学校全体でほかのインストラクターの人も同じ材料を教えないといけないので、私だけがこれを特別に教えたいって思っても通らない。

「同じお金を払ってカリキュラムが違うのか」って言われたりするので、自由がきかないんですね。

それで「教えるんだったら自分で自由に教えたいなあ」と思ったりしたことが色々あって・・・
自分にとって自由が一番大切なんだなっていうのがわかったんです。

それで自分にとって成功というのは、「自由にやれること。自由にできるだけの経済力を持つこと。家庭に貢献できるように売り上げを上げること」なんだと思うようになりました 

 

bd8bfe9319d077921cbd4978e00a4391_m

 

母業と仕事。母が仕事をする意味

 

もっと女性に可能性を広げる考え方をしてほしい

 

 

真由美さん
やっぱりお母さんが一家の太陽だと思うのです。

だから仕事をしてなくて専業主婦のお母さんだからいいかというと、専業主婦でいられない性格(私もですが)だと、家にこもってるとうつ病みたいになるんですよ。

お母さんがうつになっていたり元気がないと、家庭に元気がないし、子供にもすごく影響すると思うんですよね。

いつも「社会にどこかで貢献しているな」とか「働いているな」という喜びがないと、自分で生きてる意味は何なのかとか思ってしまうし・・・

そうやって家にいてもらっても子供の見本にもならないですし、ムリをして子供のために専業主婦をしてなきゃいけないとか、専業主婦をしてフルタイムのお母さんじゃないと良い人間を育てられないかというとそういうことでも全くないですので、自分で自分を制限をしないことですね

 

みさ
専業主婦でも働く主婦でも、どちらにしても、女性自身が輝いて、お母さんが太陽のように「自己実現してニコニコしている」ような生き方をしていたら、家族にも良い影響を与えるということですね。 

 

まとめと感想

  • いつか起業したいと思っているなら、やってみなさい
  • やってみて、ダメだったら軌道修正すれば良い
  • 経営しているあいだは、ずっと軌道修正し続けるものです
  • 経験には、「ムダな経験」というものはありません
  • ビジネスはスポーツと同じ。自分で体験しないとわからない
  • 波にもまれながらも、波に乗って行けるような順応性のある人でないと生き残れない
  • 経営しているときに苦しみがあること、辛いと思うことがあるのは当たり前
  • 起業してすぐに30万円くらい、ぽんと入ってくるなんて甘い期待です
  • 経営や技術について学べる先生を探して学びなさい
  • 経営について学べば、そうそう失敗するものでもない
  • ちょっとやってみてダメだったら別のやり方を考える
  • 高速が渋滞したら一般道におりるような応用をきかせなさい
  • 起業すれば最短ですごく稼げると思っているなら、それは逆。
  • 勤めているほうが楽。仕事ができてもできなくても時間給がもらえるから。
  • 自分で道を切り開く能力を学べていなければ、立ち往生してしまう
  • 事業を維持していくには、精神がタフである必要がある
  • 追い求める情熱が強いから、どんなことがあっても、亀の歩みでも、這ってでも、絶対止まらない
  • 経営がうまく行かない人は、ひとつができないとやめて、全く別のことを始めてしまったりする
  • 大きな壁にぶつかって、回り道もできないときは、アイスピックのようなものででも突き続けなさい
  • ずっと突いていると、いつかヒビが入って、大きな壁でも崩れる
  • そうして一度でも壁をくずすと、次、別の壁が現れても自力で乗り越えていける
  • 何度も壁を乗り越えると、何が起こっても動じなくなる
  • 笑われることを恐れない。そんなに注目されていない
  • 1日5分も時間をさいてくれたらすごい良いと思える程度
  • いっぱい恥をかいて学んだ方が、あとでそれが強みになる
  • その勉強を失敗だと思わないことが大事
  • その経験を面白いと思えるようになってくると、本当の起業家だと言える
  • 学生のときに一度も留年せずに来た人は、大人になって順調に成長しないとダメだと思ってしまう
  • 自分のことをダメだと思ったり、あきらめてしまったりする必要はない
  • 完璧な人生なんてない
  • 人生の意味の半分は魂の勉強です
  • ゲーム感覚で課題を乗り越えて行くと良い
  • ゲームだから、カンニングしてできたとしても面白くない
  • カンニングシートを捜さずに、いろんなことを味わって魂として人間として成長していくのが人生の意味なんじゃないのかな?
  • 自分がどの価値観に基準を置くかによって、成功の内容が違ってきます
  • お母さんは家庭の太陽。お母さんがウツになったり元気がなかったりしたら、家庭にも元気がなくなるし子供にもすごく影響する
  • 専業主婦で、フルタイムのお母さんが良いわけではない
  • 外で働いたり、社会に貢献するのが好きなお母さんが、ムリして家にいてウツになっていても、それは子供にとって良い見本にはならない
  • フルタイムのお母さんでないと良い人間を育てられないなんてことはないです
  • 女性は自分を制限する考えをしないほうがいいです

 

何か素晴らしい言葉を赤色でハイライトさせようとすると、全部真っ赤になってしまうので、ハイライトはしません。

真由美さんのリアルな体験から生まれているので、一つ一つに血が通っていて本当に素晴らしい!

これから起業する人も、すでに起業している人も、時々読んでは、かみしめる価値があると思います!

 

002

 

次回の最終回は、真由美さんがしていらっしゃる情報発信と、お仕事の今後の展望についてお話いただきます。

お楽しみになさってください。

ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業を応援する「起業専門タロット占い師」です。 忘れっぽくても目標を見失わない! 決意と行動をひも付ける手帳「nicca branding diary」も制作しています。