冷蔵庫内のコンニャクとモヤシと豚肉で、ステーキ、ナムル、トン汁を30分で作る♡

蒟蒻ステーキ、モヤシのナムル、根菜トン汁でお手軽ヘルシー♡

 

ヘルシーフード

 

キッチンに立って、まずすることは、鍋にお湯をわかすことです。

「お湯さえあれば、なんとかなる!」と自分を励ましながら、やおら冷蔵庫のドアを開け、目の前にある食材からメニューを考える・・・起業主婦のみならず、働く主婦あるあるですよね。

でも、それだと、毎回同じような献立になってしまいます 😐

そういう方は、「今日何食べよう?」の悩みをなくす♡週間献立プラン表 をご覧ください。

アウェイク・プランナーのご紹介ですが、献立の立て方の参考になると思います。

 

今日の食材は板コンニャクにモヤシに100gほどの豚肉

コンニャクは何にでも使えるので便利な食材ですが、今日は四角いまま、表面に切り込みを入れて焼くだけのステーキにしましょう。

モヤシはナムルにして、豚肉は人参・ゴボウ・サトイモなどの根菜とトン汁にすることに決定です。

 

材 料 (2人分)

コンニャクステーキ

  • 板コンニャク2枚
  • 椎茸4個
  • ピーマンと赤ピーマン
  • オリーブオイル
  • 市販の焼肉のタレ
  • 輪切りトウガラシ

 

モヤシのナムル

  • モヤシ一袋
  • 人参少々
  • 水菜少々
  • 市販のポン酢 約50cc
  • ラー油 少々
  • ごま油 少々
  • 白色切りゴマ 少々

 

根菜トン汁

  • 薄切り豚肉100gほど
  • サトイモ2個
  • 人参3分の1本
  • ゴボウ12㎝
  • 細ねぎ2~3本
  • 白だし 適量
  • 味噌 適量

 

全部を一斉に作る段取り

  1. 根菜トン汁用の根菜とネギを薄い輪切りにする。
  2. 鍋に張った水に根菜を入れ、水から煮る。
  3. 時間と心に余裕があるときは、モヤシのひげを取って洗う。
  4. ナムル用に人参を千切りにする。色合いのためなので量は一つかみくらいで良い。
  5. 水菜も少量洗って、4㎝くらいの長さに切っておく。
  6. 根菜トン汁用の鍋が煮えてきたら、白だしを入れて味を見る。あとで味噌を入れるので、この時点で濃すぎない程度にする。
  7. コンニャクを洗い、表面に細かく格子状の切り込みを入れる。
  8. 切り込みを入れたコンニャクを焼肉のタレにつける
  9. 豚肉を適当な大きさに切って、煮えている根菜トン汁用の鍋に入れる
  10. 椎茸を濡れふきんで拭く。
  11. 椎茸、ピーマン、赤ピーマンをそれぞれ半分に切る。
  12. 別鍋に沸いている湯に人参を先に、あとからモヤシを入れて、1分ほどゆでて、ザルにあける。
  13. ボウルに市販のポン酢を50cc、ラー油、ごま油を入れてまぜておく。
  14. 12でゆがいたモヤシと人参の粗熱が取れたら布巾でかたく水気を取り、13のボウルに入れて合わせる。
  15. フライパンを熱して、オリーブオイルを入れ、付け合せの椎茸から炒め始め、椎茸の切り口に生な感じがなくなったら、オイルを足し、コンニャクを入れて焼く。(漬けダレはまだ入れない)
  16. 根菜トン汁の鍋を見て、肉が煮え、サトイモにも火が通っていたら、火を止めて味噌を適量溶く。
  17. 水菜の水分を布巾でとって、13に加え、菜箸で、軽く上下を返すくらいに混ぜ合わせ、小鉢に盛り付けてから切りゴマを振りかける。
  18. コンニャクの片面が焼けたら、うら返して、ピーマン・赤ピーマンと漬けダレ、輪切りトウガラシを一緒に入れて焼く。
  19. 根菜トン汁の味を見て、良ければ再度点火しネギを入れる。煮えが立つ寸前に火を止めて、汁椀によそう。
  20. コンニャクの両面が焼けたら火を止めて、お皿に盛りつける

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です